予防歯科、むし歯になる前に!、歯周病になる前に!メンテナンスをしましょう大阪府富田林市の歯科医院「村本歯科医院」

大阪 富田林市の歯科 村本歯科医院
TEL 0721-25-8141

富田林市の歯科医院 富田林駅よりすぐ 予防歯科 一般歯科

村本歯科医院紹介
院長紹介
スタッフ紹介
設備紹介
予防歯科
歯周病治療
自由診療治療費
診療予約
村本コラム

村本歯科医院
携帯サイトもございます



予防歯科


ブラッシング指導

毎日歯みがきをしているのに、虫歯、歯周病(歯肉炎・歯周炎)になってしまう!?
それは、自分ではキチンとブラッシングをしたつもりでも、実際正しくブラッシングが出来てない方がほとんどなのです。「磨いている」と「磨けている」とは違います。

当院は「ブラッシング指導」に力を入れております。セルフケアの技術能力を高めて頂くと同時に、なかなか磨きにくい場所などは、専門のスタッフがお手入れの手助けをさせて頂くプロフェショナルケア必要だと考えております。

歯ブラシなどの使い方などちょっとした歯やお口に関する事でお困りの場合はお気軽に村本歯科医院へご相談下さい。


ブラッシングのポイント

一回の歯磨きに5〜10分かけて磨きましょう

前歯の表側と裏側、奥歯の表側と裏側、奥歯の上部…と、歯を1本1本磨いていくと、最低でも10分程はかかります。1〜2分ぐらいでササッとブラッシングを終えてしまっては、磨き残しが結構残ってしまいます。なるべく時間をかけて丁寧に磨くよう心掛けましょう。


バズ法とは

やわらかい毛先の歯ブラシを使用し、プラークのつきやすい歯と歯ぐきの境目、ポケット内の清掃を重点的に行います。歯ブラシを図のように45度の角度で当てて毛先をポケットの中に入らせ、細かく細かく振動を与えるように磨きます。辺縁歯グキのマッサージを行うもので、歯周病の治療や予防に効果的なブラッシング方法です。


スクラッビング法

歯と歯ぐきの境目の磨き方に効果的なブラッシング方法です。歯ブラシの毛先を歯の面に垂直に当てて、6〜9ミリ幅で小刻みに動かします。大きく動かしすぎて横磨きにならないように注意します。毛先を強めに押し当てて、小刻みな振動を与えると、毛先が歯と歯の隙間まで十分に行き届きます。歯と歯の間の歯肉は歯肉炎にもっともかかりやすい部分なので、このブラッシング法を使いこなせるようになれば、歯周病の予防と治療に効果的です。


Copyrights (C) 2010 MURAMOTO DENTAL All Rights Reserved